すぐに実践できるhtmlメールの使い方を紹介します

htmlメールとは、普通にメールを書くときのテキストメールとは違うものです。文字だけを記録するテキスト形式に、文字の色・大きさ・文字修飾・簡素な図表などを記録できるようにしたものがhtmlメールと呼ばれているものです。企業からのメールマガジンなどで目にすることが多くあると思います。Webページのようなメールを作ることが可能で、htmlに対応したメールソフトを使用していれば、どなたでも見ることができて便利です。テキスト形式のメールと違い、ビジュアル的にものの紹介や宣伝ができたり、重要な部分をはっきりさせることができるため、定期的な配信だけでなく、ニュースやイベント情報など、目立たせたいものに対して利用すると、効果が高まるメール形式といえます。

すぐにできるhtmlメールの使い方

htmlメールを使うには、まず、 Outlook Expressのメッセージの作成の画面をひらき、「書式」をクリック、テキスト形式とリッチテキスト(これがHTMLです)形式を切り替えます。「書式バー」の表示がされますので、ここでフォントの色・大きさを変更してみます。重要な部分の文字を大きくしたり、文章内に下線を引いてみても良いでしょう。また、図の挿入もこの時点で可能なので、用意しておいたものを挿入する形で作成すると簡単です。これらの作業はすべて、「件名」と「本文入力」の間の「書式バー」の選択により作業することができ、慣れてしまえば簡単です。全て書き終わったら、通常通り、送信ボタンを押せば、受信者に送信されます。受信者がhtmlの読めるメールソフトを使っているかの確認をしておくとよいでしょう。

もっと簡単にhtmlメールをたくさん使うには

一人に送るメールではなく、メールマガジンの配信などで不定期・定期的に何度も大勢に送りたい、という場合には、htmlのテンプレートを使えるサイトの利用が便利です。検索をかけるといくつもサイトが見つかりますが、どこも使い方は似ています。サイトの画面上で、メールマガジンのイメージにあった、フォントや色を選択すれば、文字を入力するだけで自動的にそれらしい色合いと大きさで、メールを作成してくれます。一回一回作業する手間が省けるので、多くのメールを作成する人には大変便利な機能です。個人用もあれば、ミニマルなデザインや、小売店向けのデザイン、色鮮やかなニュースレターなど、自分ではなかなか作れないおしゃれなテンプレートで書けるところが利用する利点になっています。