簡単にまねできるhtmlメール作成のコツについて

htmlメールは、ホームページなどで用いられているのと同様のhtmlを利用したメールで、対応したメールクライアントで受信すれば、まるで小さなホームページのように閲覧する事が出来ます。一般的なテキストや、あらかじめ用意されている絵文字だけでは到底表現できない画像や音声をはじめ、ホームページ同様のレイアウトで、さまざまなデザインを表現し、楽しむ事ができます。もちろんhtmlの構文を覚える事で、自由自在にhtmlを作成する事が可能ですが、いきなり文法の全てを暗記するのはハードルが高いものです。そんな時は、さまざまな便利なツールを利用して、htmlが分からない初心者の方であっても、上級者の方と遜色の無いhtmlメールを作成する事も可能です。

htmlメール作成ツールを利用する

有料、無料を含めて、ホームページエディタが存在するように、数こそ少ないものの、htmlメールエディタも存在しています。htmlの構文が分からなくても、インターフェイスに並んだアイコンをクリックすれば、スタイルシートや画像、音声の貼り付け、他のサイトへのリンクの埋め込みなど、簡単にhtmlを作成でき、そのデータをメールクライアントに転送すれば、htmlメールを送信する準備が整います。いわゆるソフトウェアのツールだけではなく、ウェブ上のツールも存在しています。別途ソフトウェアのインストールの必要が無く、ウィザードに従って必要事項を入力していけば、自動的にhtmlメールが完成します。細かい設定は不可能で、簡易的なものしか出来ませんが、まずhtmlメールを作成してみたい場合に、試してみる価値はあります。

テンプレートの利用でさらに1ランク上のhtmlメールを

ホームページの作成において、製作者が著作権を放棄し、利用や改変が自由としたフリー素材のテンプレートが提供されているのと同じように、htmlメール用のフリー素材のテンプレートも存在しています。気に入ったテンプレートをhtmlメールエディタで読み込めば、そのままでも素晴らしいhtmlメールが完成しますが、それを元にオリジナリティのひと工夫を加えていけば、1ランク上のhtmlメールの作成も可能です。また、テンプレートのhtmlの構文を覗かせてもらえば、どのようなタグを記述する事で、どのように表示されるのか等を学ぶ事が出来ます。どんなことでもそうですが、最初は人のまねから入り、最後は自分の物になっているように、htmlを学ぶ近道と言えます。テンプレートに沿って作成したり、一からオリジナルを作成したりと、幅の広い応用が出来るのもhtmlメールの奥深さです。