htmlメールのメリットとデメリットを解説します

メールマガジンの購読の際、htmlメールにしますか?などと聞かれることがありますが、これは何だろう?と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。htmlメールとは、簡単にいえば、文字の大きさを変えたり、文章の中に画像を入れたりできるメールの形式です。ホームページと同じような凝ったデザインも可能で、表現力が高いので、企業のプロモーションメールなどによく利用されています。個人的なメールでももちろん利用できます。表現力が高くて困ることはないように思えますが、わざわざ「htmlメールにしますか?」と聞いてくるということは、何かデメリットもあるということです。ここでは、htmlメールの簡単な説明、そしてメリットとデメリットを見ていきます。

htmlメールとは?そもそもhtmlって何?

まずはhtmlメールとは何かということから説明します。先に述べたとおり「表現力の高いメール形式」なのですが、そもそもhtmlとは何でしょうか?htmlとは、簡単にいえばホームページを記述するのに使われている言語です。単に文字を羅列するだけでなく、文字の大きさを変えたり背景をつけたり、画像を文書中に埋め込んだり、他のページにリンクしたりすることができます。htmlメールは、文字どおりメールをhtml言語で記述し、ホームページのような文面をメールで送れるというものです。言語というと難しく思えますが、実際にはWordなどの文書作成ソフトと同じ感覚でメールの文面を作成するだけで、html言語への変換は自動でやってくれますので、特に難しいことはありません。工夫とセンス次第で凝ったデザインが可能です。

htmlメールのデメリットは?

高い表現力を誇るhtmlメールですが、良いことばかりではありません。注意が必要なこともあります。まず、htmlメールを受け取れない人もいる、ということを覚えておいてください。たとえばガラケーと呼ばれる旧来の携帯電話に送るとき、htmlメールは先方で読めなかったり、正確に表示されなかったりする可能性があります。また、htmlメールは表現力が高いため、ウイルスメールなどで悪用されることもあり、厳重な警戒をしている人はhtmlメールを拒否するかもしれません。次に、htmlメールはサイズが大きくなりがちです。特に画像を添付すると重くなり、携帯端末で読む人には迷惑かもしれません。過度に装飾しなければそれほど問題にはならないと思いますが、配慮が必要です。